引越しの段取りをご紹介!

 

Contents

引越し段取りが良いと賢い引越しができる【最安値で引越し】

引越作業は大変な作業ですが、引越し段取りが整理できていれば失敗のない引越ができると言えるでしょう。
 
引越し作業の前に引越し段取りができていないと、無駄な経費や無駄な時間の浪費につながっていきます。
 
引越しは、段取りが大切なのです。段取りが整理できていれば、一つ一つをこなしていくだけで、賢い引越となり楽しく引越ができることでしょう。

「何事も準備が大事」と言われるように、引越しする前にすべき事が沢山あります。
沢山のすべき事を、引越し段取り的に整理していきましょう。

大切な家具や、大事な品物もたくさんあるので、丁寧に荷物を運ぶ引越業者を選ぶことが大切になってきます。

基本的に運送業者ではなく、引越業者であれば社員教育が行き届いているので、荷物を大切に扱ってくれます。

また、大手の引越業者から選択することが肝要であると考えることができます。

様々なサービスや特典を獲得して、引越し料金を【最安値】で引越しできるようにしていきます。

 

引越し段取りを整理する

引越し段取りを下記にまとめました。

早めにやっておくこと

現住まいの管理会社に退去の連絡

駐車場を借りている場合は解約の連絡も忘れずに実施します。

引越し方法・引越し日を決める

引越し会社に依頼する or 自分で引越す

[引越し会社に依頼する場合] 引越しの【相見積もり】を実施する

引越し相見積もり無料サービス】を使って、相見積もりを実施して最安値で引越す。
引越し業者を早く決めて、ダンボールを頂き荷造りのスタートを早くしましょう。

 

[自分で引越す場合] トラック・大型車を手配する

レンタカー会社で予約する。

必要な資材(ダンボールなど)を手配する

引越し業者を相見積もり無料サービスを使って決まれば、業者がダンボールを用意してくれることが多い。

不用品を売る・処分する

リサイクル業者もしくはアプリで売る。
無料査定サービスについて当サイトの下部で説明していますが、不用品を破棄して処分する前に、「無料査定」するために荷物を分別しておきます。

粗大ごみを処分する

現住まいの自治体・専門業者に依頼する。

固定電話の移転を手配する

NTT(局番なしの116番)に連絡する。IP電話の場合はプロバイダーに連絡する。

インターネット移転を手配する

回線・プロバイダ事業者で手続き方法を確認する。
インターネットの工事は早めに手配しておきましょう!
引越し先でインターネットが使えないと、何かと不便です。

場合によっては、半月以上待たされるケースも多々あります。
ですので、できるだけ早めに工事申込みしておきましょう。

 

引越し1~2週間前にやっておくこと

転出届を出す

現住まいのある役所で手続きする。

転校届を出す

転出証明書を準備し、在学中の学校長に提出する。

国民健康保険の資格喪失届を出す

身分証明書、保険証、印鑑を準備して、現住まいのある役所で手続きする。

印鑑登録の廃止

印鑑登録証を準備して、現住まいのある役所で手続きする。

原動機付き自転車(125cc以下)の廃車申告

ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑などを準備して、登録のある役所で手続きする。

ガス会社への移転連絡

ガス会社へ電話で手続きする。(ホームページでも可能な場合がある)

電力会社への移転連絡

電力会社へ電話で手続きする。(ホームページでも可能な場合がある)

水道局への移転連絡

水道局会社へ電話で手続きする。(ホームページでも可能な場合がある)

NHK・ケーブルテレビへの移転連絡

NHK・ケーブルテレビへ電話で手続きする。(ホームページでも可能な場合がある)

郵便局の転送手続き

現住まいを管轄する郵便局で転出届を出す(インターネットでも手続き可)

携帯電話会社への移転連絡

携帯電話会社へ電話で手続きする。(ホームページでも可能な場合がある)

銀行・保険などの住所変更

利用している銀行・保険会社に電話して手続き方法を確認する。

新居レイアウトを決定、荷造り開始

引越し後すぐに使うダンボールにしるしをつける。
また、引越し先で分別できるように、ダンボール全てに部屋の名前を書いておく。
荷物の分類で不用品が出てきたら『無料査定』してもらい売る、時には『トランクルーム』に保管する。

 

引越し前日までにやっておくこと

掃除・ゴミだし

ゴミだしの日程を確認して前もって準備する。

冷蔵庫のコンセントを抜く

冷蔵庫の中身を整理して、庫内を空にしてからコンセントを抜く。

洗濯機の水抜き

傾けて中の水を出す ホースの中の水も抜いてコードと一緒に固定する。

引越し挨拶の手土産の準備

必要な個数をあらかじめ確認する。

当日自分で持っていく物をまとめる

貴重品、掃除用具、ハサミやガムテープなどを自分で持っていく。

 

引越し当日にすること

現住まいの明け渡し

現住まいでの、忘れもの無いかチェックして引越し先へ移動する。

ガス・電気・水道の開通

ガスは開栓に立会いが必要なので、あらかじめ連絡しておく。

ご近所へのご挨拶(賃貸の場合は貸主にも)

準備した手土産を持って挨拶にまわる。

 

引越し後にすること

転居届・転入届を出す

転出証明書・印鑑を準備 新居のある役所で手続きする。
(引越し日から14日以内)

転入学届を出す

在学証明書・転入学願いなどを準備して、役所もしくは学校で手続きする。

国民健康保険の住所変更・加入

国民健康保険証・印鑑を準備して、新居のある役所で手続きする。
(引越し日から14日以内)

国民年金の住所変更

国民年金手帳・印鑑を準備して、新居のある役所で手続きする。
(引越し日から14日以内)

印鑑登録

登録する印鑑・身分証明書を準備して、新居のある役所で手続きする。
(引越し日から14日以内)

運転免許証の住所変更

運転免許証・住民票・印鑑などを準備して、管轄の警察署・運転免許試験場で手続きする。
(新居を管轄する陸運支局で手続きする。住所変更から15日以内)

自動車の登録変更・車庫証明の発行

新居を管轄する陸運支局で手続きする。
(住所変更から15日以内)

バイクの登録変更

新居を管轄する役所もしくは陸運支局で手続きする。
(住所変更から15日以内)

飼い犬の登録

新居のある役所または保健所で手続きする。
(住所変更から30日以内)

荷ほどき

ダンボールは引越し会社へ引取りを依頼する。

 

次に、【引越し相見積もり無料サービス】を利用しましょう。

【引越し相見積もり無料サービス】を使う

【引越し相見積もり無料サービス】を使う理由

引越するときは【引越し相見積もり無料サービス】をオススメしています。
 
引越料金は、引越先までの距離やスタッフ人数、荷物の量などで決まってきます。
 
しかし、引越業界での引越料金は、まったく同じ内容の引越しでも大きく引越料金の差が出ることが多々あるのです。
最高50%以上もの引越料金差が出ることがあるようです。
 
その引越し料金の金額の差は、引越し業者によって「得意な引越し内容」と、「不得意な引越し内容」があり、経費積算が大きく変わったりするようです。 
ですので、貴方の引越内容、同じ条件での引越料金の相場を知っておくことをオススメしています。
貴方の引越料金の相場を知っていれば、引越業者との料金交渉に強く交渉できるので安く引越しができると考えるからです。

 

【引越し相見積もり無料サービス】で相見積もりを実施する

【引越し相見積もり無料サービス】

【引越し相見積もり無料サービス】はあなたに代わって、複数社の引越し会社の『引越し料金お見積り』を無料で調べてくれます。
 
一般的な引越しを実施する場合、1社つづ、「○○県から△△県への引越しの見積り」作成願いを、お願いして引越し業者をネットで申込みして廻るか、電話をかけまくる、などを実施します。
 
すると即刻、引越業者のプロの営業マンが自宅に来て、上手にまるめこまれてしまい、
高い引越料金で納得させられてしまうことが多いのです。
 

【引越し相見積もり無料サービス】から引越見積りを実施しますと、貴方に代わって、大手の引越し企業の見積りを複数業者作成してくれますので、貴方は結果を待ってから最安値の引越し業者を選択することができるのです。
  
更に引越し料金が激安!半額以下になることも出てくるというものです。
 
更に、更に!特典もついているのでオススメです。

 

【引越し相見積もり無料サービス】で見積りする大手引越し業者

引越し侍の見積り業者のうち、代表5社をご紹介いたします。

アリさんマークの引越社
アリさんマークの引越社、引越し料金の最安値!激安・格安で引越しするならココ!大手業者を一括比較!

アリさんマークの引越社の解説

アリさんマークの引越社は、従業員:約4000人、車両台数:1300台以上、年商:273億円以上の全国展開している日本を代表する引越し業者です。

サカイ引越センター
サカイ引越センター、引越し料金の最安値!激安・格安で引越しするならココ!大手業者を一括比較!

サカイ引越センターの解説

サカイ引越センターは、従業員:約5500人、資本金:47億円以上、年商:737億円であり全国展開している日本を代表する引越し業者です。

アーク引越しセンター
アーク引越しセンタ-、引越し料金の最安値!激安・格安で引越しするならココ!大手業者を一括比較!

アーク引越しセンターの解説

アーク引越しセンタ-は、従業員:600人、資本金:8000万円、年商:65億円で、全国展開中です。TVコマーシャルで宣伝中。

アート引越しセンター
アート引越しセンター、引越し料金の最安値!激安・格安で引越しするならココ!大手業者を一括比較!

アート引越しセンターの解説

アート引越しセンターは、従業員:約3000人、資本金:1億円、車両台数:3400台、であり全国展開している日本を代表する引越し業者です。

ハート引越しセンター
ハート引越しセンター、引越し料金の最安値!激安・格安で引越しするならココ!大手業者を一括比較!

ハート引越しセンタの解説

ハート引越しセンターは、資本金:1億3600万円、年商:143億円であり全国展開している日本を代表する引越し業者です。

貴方がすることは【引越し相見積もり無料サービス】のサイトから「引越見積り」を実施するだけでOK!
 
【引越し相見積もり無料サービス】のサイトから引越先住所などを入力して引越見積を実施するだけで、これらの大手の引越業者に対して、見積りを次々と実施していってくれるのです。しかも今なら特典が付いていますのでオススメです。

 

【引越し相見積もり無料サービス】手順解説

貴方が実施することは【引越し相見積もり無料サービス】のwebから引越見積りを実施するだけで完了です。

SUUMO(スーモ)は、あの一流企業【リクルート】が運営しています。

【1】SUUMOのサイトに入りましょう

クリック ↓


 

 

【2】無料見積もりスタート

下図の「無料見積もりスタート」をクリックします。
スーモで引越し
 

 

【3】情報入力画面で手入力する

現在のお住まいの郵便番号と間取りを選び、引越し先の住所「県と市」を選択して間取りを選択します。
スーモで引越し

スーモで引越し

 

 

【4】引越し業者を選択します

お名前とメールアドレスを入力します。
スーモで引越し

次に、その下に一覧表示される引越し業者を選択します。
すべてを選択することができます。
スーモで引越し

 

 

【5】入力内容の確認・完了

入力内容を確認して、間違いがあれば戻って、修正しましょう。
スーモで引越し

完了です。
【引越し相見積もり無料サービス】のweb入力は簡単!24時間受付中!


 
 

 

引越しでの不用品を無料査定してもらう

引越し荷造りをしていくうちに、引越し先には持っていかない物「骨董品など」の処分に困るものです。
引越しのタイミングで処分したい物も出てきます。
 
これらの不用品を、すべて捨ててしまう前に、無料査定を申込みしましょう。
 
【スピード買取.jp】
スピード買取.jpは 出張買取・宅配買取・持込買取と3つの方法で、
日本全国いつでもどこでも買い取りお申込みが可能です。

 
全国展開している【スピード買取.jp】なら安心・安全です。
 

 

着物 切手 古銭
毛皮 アクセサリー 金券
ブランド品 宝石
時計 骨董品 洋服

 
スピード買取.jpは、
『他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却いたします!』
ということで、高価で買い取る自信があるようです。
 
捨てる前に、何でも査定してみましょう。

手順は簡単です。
スマホで『スピード買取.jp』のサイトに入って下図をクリックします。

スピード買取.jpで今すぐ無料査定
 
次に、表示されたお問い合わせフォームに名前・電話番号・住所を入力して、下図をクリックします。

 
電話で下記の買取方法を決めて実施します。

買い取り方法を選択できます

  • 出張買取
  •  

  • 宅配買取
  •  

  • 持込買取

 

最短30分!
お問い合わせ、お申し込みから最短で30分でご訪問いたします! ご訪問エリアも日本全国、広くお伺いしております。
すべて無料!
査定料、送料、出張料など、すべて無料!ご入金の際の振込手数料も無料!
他社で断られた物も買取可能!
状態が悪くてもあきらめないで!他社で断られた品物も喜んで査定いたします!
専門性の高い査定員!
各ジャンルの専門性の高い、腕利きの査定員がしっかりと価値を評価して査定金額をご提示いたします!
業界TOPクラス!
豊富な買取実績から生まれる鑑識眼!買取査定のリピーターが多いことでも実証済み!
幅広い買取ジャンル!
着物やブランド品をはじめ、宝石や切手、古銭、骨董など高い専門知識が必要な分野もお任せください!

 

最新の買取実績【例:ダイヤ】

最新の買取実績【例:ダイヤ】
 
 
処分する前に、まずは無料査定へ!
 クリック 
スピード買取.jpで今すぐ無料査定

 

倉庫を借りて一時保管する

どうにもできない荷物がある場合、一時保管できます。

 
 

投稿日:2017-06-05 更新日:

執筆者: