引越し段取り

超情報社会の副作用とは

投稿日:

AI【IBMワトソン】・IOT・予測発送の未来

パンゲアの扉が開かれたのか!
※pangaa:かつて地球上の主な大陸は一つに繋がっていたとする学説の超大陸の名称。

AIの進化が国境や時間の壁を壊す

2015年の驚きを忘れられない。
特殊な白血病をわずか10分で発見したIBMの人口知能(AI)「ワトソン」だ。
 
世界中の医師、約260万人の知識の蓄積、経験内容がいつでも手に入る時代が目の前に迫っているという。
 
IT(情報技術)の進化は国境や距離の壁だけではなく、時間的壁も壊すという。
 
アマゾン・ドット・コムでは、3億人以上もの注文履歴から、「予測発送」というビジネスモデル特許を取得した。
 
あらゆる物がネットに繋がるIOTによって、世界中で無限に増え続けるデータが集まり、それによって学習を重ねるAIが壁を壊していく。
 
中国では街頭の防犯カメラ映像やスマートフォンの接続情報など14億人の個人データを集めている。
 
将来の民主化の動きを摘み取り、超権力者国家を実現することを目指しているという。
 
米国では大統領選挙にて、ロシアが自らが有利になる候補が当選するように関与した疑惑があり、捜査が進んでいる。
 
SNSで架空のアカウントで偽の情報を流して、有権者の投票行動に影響を与えたという。
 
国家を超えて影響を及ぼすことになってきた。
 
超情報社会の到来も、副作用とは無縁ではないようだ。
 
1990年代にベストセラーとなった米児童小説「ザ・ギバー」が描く未来の姿は、「天気から人々の感情までコントロールし、病気や犯罪、悩みなどすべてを取り払ってしまう超安定社会の実現」だ。

-引越し段取り

執筆者:

関連記事

引越しの段取りを整理する

Contents引越し段取り引越しの段取りがポイントになる引越しチェックリストが役に立つ引越しチェックリストの内容引越し決定後すぐにすべきこと引越し10日前までにすべきこと引越し1週間前までにすべきこ …