引越し段取り

引越しの段取りを整理する

投稿日:2017-11-20 更新日:

引越し段取り

引越しの段取りがポイントになる

引越しすることは大変な労力がいります。そして、心配事も多いものです。
家族で引越すとなると、更に大変な作業となります。
さまざまな、手続きが必要となってきますので、精神的にも疲れを感じるこもです。
 

引越しチェックリストが役に立つ

引越しチェックリストには、引越しの準備がタイムテーブル的に纏められているのです。この引越しチェックリストは引越し業者から無料で頂けることがほとんどです。

引越しチェックリストの内容

引越し決定後すぐにすべきこと

賃貸住宅の解約・子供の転校届・引越し先下調べ・荷物の分別・箱詰め

引越し10日前までにすべきこと

郵便局への転送手続き・新聞など宅配サービス解約・インターネット移設検討・電話の移設・荷物の新居配置図作成

引越し1週間前までにすべきこと

役所への転出届・電気ガス水道の手続き・NHKや銀行の住所変更

前日までにすべきこと

冷蔵庫のコンセントを抜いて庫内の整理清掃、テレビなど電気製品引越し準備。

当日にすべきこと

電気のブレーカーを落とす・電気ガス水道の精算・鍵返却

引越し後2週間以内にすべきこと

転入届・転校手続き・公共料金手続き・自動車免許証住所変更

引越しですべきことや、どのタイミングで実施していけば良いかということを纏めたチェックリストがありますのでご利用ください。 印刷すると便利です。
チェックリスト

引越し業界について

引越しの業界は大きくて、日本全国に引越し業者が存在します。
しかし、同じ引越し内容でも、
引越し業者によって、
引越し料金の見積り金額差は55%もの差が出ているようです。

馴染みの引越し業者について

貴方に「馴染みの引越し業者」がある場合でも、最安値を知っておくことで、値切れるということになります。
馴染みの引越し業者に対しても、言われるままの引越し料金ではなく、交渉できるようになれます。
馴染みはいいことですが、とかく高い引越料金を払っていることが多いのです。
相場の引越し金額を知ってから、引越し業者にコンタクトしましょう。

無料で最安値を知る手順

無料で最安値を出してくれるサービスがありますので、ご紹介します。
引越し業者に『相見積もり』を実施します。
引越しの相見積もり実施

 

引越し見積り実施

引越し金額の最安値の引越し業者を縛りだしていきましょう。
引越し金額は、前にも記述しましたが、55%もの引越金額差が出ているようです。
 
ということは、半額以下になることもあり得ることになります。
ですから、相見積もりを必ず実施しましょう。
 
相見積もりを無料で実施してくれます。
 クリック
 
引越しの相見積もり実施
 
 
トラブル無く、家具など大事に扱ってくれて、丁寧な引越しを行うには、大手の引越し業者がオススメです。

  1. アリさんマークの引越社
  2. サカイ引越センター
  3. アーク引越しセンタ-
  4. アート引越しセンター
  5. ハート引越しセンター
  6. クロネコヤマト
  7. 赤帽
  8. ダック引越しセンター

大手の引越し業者なら、サービスが行き届いています。
  
そして、コンプライアンスや社員教育、スタッフ教育も行き届いているようです。
大事な家具も、丁寧に梱包して運んでくれます。 
 
引越しするならまず、相見積もりサービスを利用しましょう!
  
同じ内容の引越しで、
相見積もりを実施して、最安値の引越し料金を知ることをオススメします。
 
15周年を迎えた「引越し料金の相見積もりサービス」を無料で受けることができます。
 
クリック 
引越しの相見積もり実施
 

-引越し段取り

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした